2010年05月29日

文芸・美術評論家の針生一郎さん死去=前衛芸術評論で活躍(時事通信)

 戦後の前衛芸術批評をリードし、原爆の図丸木美術館(埼玉県)館長としても知られる文芸・美術評論家の針生一郎(はりう・いちろう)さんが26日午後0時2分、急性心不全のため川崎市の病院で死去した。84歳だった。仙台市出身。葬儀は6月1日午前10時30分から川崎市多摩区南生田8の1の1の春秋苑白蓮華堂で。喪主は長男徹(とおる)さん。
 東北大文学部卒業後、東大大学院で美学を学んだ。ダダイズムやシュールレアリスムなど前衛芸術への関心を高め、文芸評論家の花田清輝や美術家の岡本太郎らと交流。美術のほか文芸、社会評論で活躍し、美術評論家連盟会長も務めた。金津創作の森(福井県)館長、和光大名誉教授。著書に「修羅の画家」「戦後美術盛衰史」「三里塚の思想」など。 

新宿のNPO法人が助成求めプレゼン(産経新聞)
元署長、飲酒運転で逮捕=乗用車に追突―栃木県警(時事通信)
<ACSA>オーストラリアと物品役務相互提供協定を締結(毎日新聞)
<窃盗>家電製品盗み中国籍3人逮捕 被害総額1000万円(毎日新聞)
<口蹄疫>熊本もブランド牛の種牛など移動 分散管理へ(毎日新聞)
posted by サキヤマ マサオ at 13:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。