2010年05月18日

アスリート支援企業に初の表彰制度=目指せメダリスト増―文科省(時事通信)

 文部科学省は17日、五輪選手などのトップアスリート育成で成果を上げた企業に対する表彰制度を創設する方針を決めた。同省はこれまでも、国際大会で優秀な成績を収めた選手や指導者は表彰してきたが、所属母体の企業を評価する制度は初めて。
 スポーツ振興を通じた社会貢献に対する経営者の理解を深め、企業に所属する選手の練習環境などを向上させる。結果として、五輪をはじめとする国際大会でのメダル獲得数増加を目指す。2012年のロンドン五輪に向けた企業の取り組みを促すため、できるだけ早期に創設する方針だ。
 最近は、景気低迷のあおりや、株主優先の企業風土が広がったことで、直接の収益につながりにくい企業スポーツを縮小する傾向が強まっているが、行政としてスポーツを通じた企業の社会貢献を高く評価する姿勢を示す。 

【関連ニュース】
女子柔道の谷亮子氏を擁立=歌手・庄野真代氏も
火山噴火で「奔走」=6日がかりの英国入りも

小沢氏、政倫審で弁明検討=政治資金問題(時事通信)
赤旗配布2審も有罪 「表現の自由」判断二分(産経新聞)
鳩山首相が「6月以降も努力」と5月末決着断念を表明 普天間移設問題で(産経新聞)
孤立しやすい高齢者像を分析−内閣府の高齢社会白書(医療介護CBニュース)
小惑星探査機「はやぶさ」に国民栄誉賞を(産経新聞)
posted by サキヤマ マサオ at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。